メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解体

追いつめられた東芝/下 先進国、しぼむ原発市場 強まるメーカー再編論

 ゴルフのマスターズ・トーナメント開催地として知られる米南部ジョージア州オーガスタから車で約50分。平原に林立する巨大なクレーン群の背後に建設中の巨大な円筒状の原子炉が姿を現す。東芝の巨額損失の震源地となったボーグル原発だ。

 1979年のスリーマイル島原発事故後、米国の原発建設は30年間以上ストップしていたが、東芝子会社のウェスチングハウス(WH)は2012年、最新鋭の「AP1000」2基の工事に乗り出した。安全性と経済性の高さが売りで、11年の福島第1原発事故後にもかかわらず、米原子力規制委員会(NRC)は建設にゴーサインを出した。

 「AP1000は世界で最も進んだ原子炉だ」。WHの当時のロデリック社長兼最高経営責任者(CEO)は…

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1274文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  2. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  3. 食中毒 修学旅行生ら入院 長崎市の料理店からノロ検出
  4. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
  5. 水路転落訴訟 金沢で市など相手に相次ぐ 「景観」か「安全重視」か /石川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]