メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解体

追いつめられた東芝/下 先進国、しぼむ原発市場 強まるメーカー再編論

 ゴルフのマスターズ・トーナメント開催地として知られる米南部ジョージア州オーガスタから車で約50分。平原に林立する巨大なクレーン群の背後に建設中の巨大な円筒状の原子炉が姿を現す。東芝の巨額損失の震源地となったボーグル原発だ。

 1979年のスリーマイル島原発事故後、米国の原発建設は30年間以上ストップしていたが、東芝子会社のウェスチングハウス(WH)は2012年、最新鋭の「AP1000」2基の工事に乗り出した。安全性と経済性の高さが売りで、11年の福島第1原発事故後にもかかわらず、米原子力規制委員会(NRC)は建設にゴーサインを出した。

 「AP1000は世界で最も進んだ原子炉だ」。WHの当時のロデリック社長兼最高経営責任者(CEO)は…

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1274文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです