メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最近泣きそうになったのは「けものフレンズ」最終回

エッセー「いのちの車窓から」のトークイベントに登場した星野源さん

 歌手で俳優の星野源さんが2日、東京都内で開かれた自身のエッセー「いのちの車窓から」(KADOKAWA)のトークイベントに登場した。物作りへの情熱が感じられると感動するという星野さんは、最近泣きそうになったシーンについて、ネット上で話題を集めたアニメ「けものフレンズ」を挙げ、「最終回のタイトルが出る瞬間が格好良くて、そのときにウッとなりました。少人数で作っているアニメなんですが、『こういうことをやりたい』という情熱が伝わってきた」と明かしていた。

 トークイベントは、約6600人の応募の中から当選した約150人が参加。「真田丸」で共演した俳優の大泉洋さんについて「これは言っていいのかな? 実は『逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)』が大好きみたいで。食事に呼んでくれて、席についた瞬間に兄さん(大泉さん)が『(星野さんが演じた)平匡さんだ。うわー』と照れていて……」と暴露していた。

 エッセー「いのちの車窓から」は、俳優としてドラマ「逃げ恥」や「真田丸」に出演し、歌手として昨年末の「NHK紅白歌合戦」に出場した星野さんが、かつてこっそり別人としてツイッターをやっていたこと、紅白出場が決まった瞬間の出来事、逃げ恥で共演した新垣結衣さんなどについて、約2年にわたって感じたことをつづった。四六判200ページで1200円(税抜き)。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 木村太郎さん52歳=自民党衆院議員
  2. 高校野球 福岡工の野球部監督ら処分 学生審査室会議
  3. 遺棄致死容疑 1歳長男車内に放置、死なす 父逮捕 静岡
  4. 民進党 野田幹事長が辞意表明 蓮舫代表は衆院くら替え
  5. 全米アマゴルフ 元大リーガー長谷川氏が出場権獲得

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]