メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

隕石は見つからず 青森・所有者が発掘調査

期待された隕石が見つからず、掘り起こした土が戻された穴=青森県つがる市稲垣町福富で2017年3月31日午後2時54分、一宮俊介撮影

 青森県つがる市の麦畑に出現した穴を、畑の所有者・小田桐賢一さん(48)が3月31日に重機で掘り起こしたが、期待された隕石(いんせき)は見つからず、穴が開いた原因は分からなかった。

 穴は深さ約1.5メートルの楕円(だえん)形で、小田桐さんの父親が3月上旬に発見。「隕石が衝突した跡では」と話題になっていた。

 この日は小田桐さんと家族が重機などを使って掘り進めたが、深さ約4メートルで固い地盤にぶつかり、作業はストップ。掘り出した土を手でかき分けて探したが、隕石のようなものはなかったという。

 小田桐さんは「隕石を見つけたかったが、自分たちで探すのは限界がある。専門家が調べるなら協力する」と話している。【一宮俊介】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法科大学院 立教大と桐蔭横浜大が募集停止を公表
  2. 千葉女児殺害 元保護者会長を起訴 DNA型一致で判断 
  3. 女子ゴルフ 宮里藍、今季限りで引退へ
  4. 千葉・我孫子の女児殺害 渋谷容疑者を送検
  5. 福岡・筥崎宮 「放生会おはじき」販売中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]