メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年を語る

住環境整える局面に 目指す姿具現で変化実感を 女川町・須田善明町長(44) /宮城

女川町・須田善明町長

 東日本大震災の津波で町の約9割の家屋が被災し、高台に新たなまちづくりを進めてきた女川町。女川駅や駅前商業施設、飲食店などが完成し、他の地区に比べて土地の造成に時間を要していた災害公営住宅(復興住宅)の供給も本格化している。須田善明町長に、復興の現在と未来を聞いた。【聞き手・百武信幸】

 --毎年復興が目に見えて進み、住宅の完成や引き渡しも始まっています。

 ◆町全体が津波でやられ、機能を作り直さなければいけない中で、将来的な地方都市の有りようを意識して計…

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1237文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです