メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域力・支えあう和歌山

すさみ町・魅来づくり/上 豊富な資源生かす /和歌山

NPO法人「魅来づくりわかやま」の事務所には理事長、朝本紀夫さんが釣った「クロカワカジキ」の魚拓が飾られている=和歌山県すさみ町周参見で、桜井由紀治撮影

カツオ、抵抗乗り越えブランド化

 紀伊半島のほぼ南端に位置するすさみ町は、沖合を流れる黒潮の影響で豊富な水産資源に恵まれる。NPO法人「魅来(みらい)づくりわかやま」は、この海と資源を生かした地域活性化に取り組んできた。

 同町周参見の同NPO事務所には、理事長の朝本紀夫さん(74)が釣り上げた「クロカワカジキ」の魚拓が飾られている。全長2メートル90センチ、重さ106キロ。朝本さんは「もっと大物を釣った人たちはたくさんいますよ」と笑う。

 朝本さんは餌を使わないルアーフィッシングに着目。1993年、観光客らに体験釣りを楽しんでもらう「マ…

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1336文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです