メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

「下流」と無関心=山田孝男

 傾きかけたとはいえ、日本は経済大国である。

 自分が知るかぎり、貧困など存在しない--と思いがちだが、ソーシャルワーカー、藤田孝典(34)に言わせれば、そんなことはない。表面からは見えぬ深層で貧困が広がっている。

 その現実に無関心であること、無関心や誤解に基づいて福祉を憎む風潮を、藤田は問うている。

    ◇

 2015年の「新語・流行語大賞」候補にノミネートされた「下流老人」は藤田の造語である。

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1322文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです