メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

育休中の就労、労使に利点

ネット回線を使って奈良県で働く社員の津村真吾さんと打ち合わせをする田澤由利社長=東京都千代田区のテレワークマネジメントで

 <くらしナビ ライフスタイル>

 「育児休業中の就労」が労使双方から注目されている。無理のない範囲で働いてみることで、スムーズに職場復帰ができ、事業者側は、育児休業取得者が増えても、繁忙期に活用すれば休業の影響を抑えられる。テレワークの普及で在宅就労がしやすくなり、育児休業給付金の支給要件が緩和されたことも背景にあるようだ。

この記事は有料記事です。

残り1647文字(全文1810文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです