メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

育休中の就労、労使に利点

ネット回線を使って奈良県で働く社員の津村真吾さんと打ち合わせをする田澤由利社長=東京都千代田区のテレワークマネジメントで

 <くらしナビ ライフスタイル>

 「育児休業中の就労」が労使双方から注目されている。無理のない範囲で働いてみることで、スムーズに職場復帰ができ、事業者側は、育児休業取得者が増えても、繁忙期に活用すれば休業の影響を抑えられる。テレワークの普及で在宅就労がしやすくなり、育児休業給付金の支給要件が緩和されたことも背景にあるようだ。

この記事は有料記事です。

残り1647文字(全文1810文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. シェアハウス 就労も手助け 母子世帯が共同生活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです