メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子48キロ級 リオ銅の近藤が2連覇 

全日本選抜体重別選手権の最終日

 柔道の全日本選抜体重別選手権は最終日の2日、福岡市の福岡国際センターで男女計7階級があった。男子100キロ級はウルフ・アロン(東海大)が決勝でリオデジャネイロ五輪銅メダルの羽賀龍之介(旭化成)を破り2連覇を果たした。81キロ級はリオ五輪銅の永瀬貴規(旭化成)が4連覇。100キロ超級は王子谷剛志(旭化成)が初優勝。リオ五輪銀の原沢久喜(日本中央競馬会)は準決勝敗退。90キロ級でリオ五輪金のベイカー茉秋(日本中央競馬会)は初戦で右肩を脱臼して棄権し、向翔一郎(日大)が初制覇した。

     女子48キロ級はリオ五輪銅の近藤亜美(三井住友海上)が2年連続3度目の優勝。57キロ級は32歳の宇高菜絵(コマツ)が3年ぶりに優勝を果たし、52キロ級は志々目愛(了徳寺学園職)が初めて制した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 板野友美、男性の好みは中身重視「自信と芯のある人」
    2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    3. メキシコ 土中に240遺体 麻薬犯罪被害か
    4. 共謀罪 新宿で廃止求める街宣活動
    5. 死体遺棄 赤ちゃんの遺体持参し高2出頭 名古屋

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]