メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おかやまお仕事図鑑

手話通訳士 県聴覚障害者センター・大岡政恵主任に聞く /岡山

手話通訳士の大岡政恵さん=岡山市北区南方の県総合福祉・ボランティア・NPO会館(きらめきプラザ)で、山本麻美子撮影

人の思い伝える「言語」に 大岡政恵主任(60)

 手話通訳士とは、厚生労働省の認定団体が実施した資格試験に合格した手話通訳者のことです。手話通訳に携わる人には、基礎的な研修を受ける「手話奉仕員」や、都道府県に登録する「手話通訳者」もいます。ただ、専門的な知識や技術を要する政見放送や裁判の手話通訳は私たちだけができる仕事です。

 私と手話との出会いは約25年前、岡山市の広報を見て手話入門講座を受講したことでした。手だけでなく、…

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文952文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです