メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほど!オイのまち

長崎・大籠町 潜伏キリシタン集落、今も子孫らが暮らす /長崎

 長崎市中心部から長崎半島を南へ車で約40分。五島灘に面して、うっそうとした山林が広がる同市大籠町(おおごもりまち)では、江戸時代、仏教徒を装った「潜伏キリシタン」がひっそりと信仰を守った。海岸線沿いの県道から細い道を上った斜面地にある善長谷(ぜんちょうだに)という集落では今もその子孫たちが暮らす。

 1987年に出版された「角川 日本地名大辞典」(角川書店)によると、「籠」という地名は有明海沿岸に多く、干潟の荒れ地を干拓した新田集落などを指すとされる。一方で、同書は大籠町について「大いに引き籠もった所が由来」との見方も併記する。人目を避け、山中に隠れ住んだ潜伏キリシタンのことを指すとみられる。

 潜伏キリシタンたちは元々、長崎市外海地区の東樫山で暮らしていた。江戸後期の1800年代前半、弾圧を…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文829文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  4. 勤務医の残業上限時間「2000時間」に批判相次ぐ 厚労省有識者検討会
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです