メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほど!オイのまち

長崎・大籠町 潜伏キリシタン集落、今も子孫らが暮らす /長崎

 長崎市中心部から長崎半島を南へ車で約40分。五島灘に面して、うっそうとした山林が広がる同市大籠町(おおごもりまち)では、江戸時代、仏教徒を装った「潜伏キリシタン」がひっそりと信仰を守った。海岸線沿いの県道から細い道を上った斜面地にある善長谷(ぜんちょうだに)という集落では今もその子孫たちが暮らす。

 1987年に出版された「角川 日本地名大辞典」(角川書店)によると、「籠」という地名は有明海沿岸に多く、干潟の荒れ地を干拓した新田集落などを指すとされる。一方で、同書は大籠町について「大いに引き籠もった所が由来」との見方も併記する。人目を避け、山中に隠れ住んだ潜伏キリシタンのことを指すとみられる。

 潜伏キリシタンたちは元々、長崎市外海地区の東樫山で暮らしていた。江戸後期の1800年代前半、弾圧を…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文829文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです