メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

外国出身親方の船出 元琴欧洲「新しいものを」/元旭天鵬「愛される力士に」

仮住まい先で弟子とともに握手する鳴戸親方(左から2人目)=東京都墨田区で2017年4月1日、飯山太郎撮影

 1日、ブルガリア出身で元大関・琴欧洲の鳴戸親方(34)が欧州出身者として初めて師匠となった鳴戸部屋が始動した。一方、夏場所後にはモンゴル出身で元関脇・旭天鵬の大島親方(42)が、所属する友綱部屋を継承する予定だ。番付で外国出身力士が上位を占めることが久しい中、動き出した外国出身師匠に意気込みなどを聞いた。【飯山太郎】

この記事は有料記事です。

残り1708文字(全文1868文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  4. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  5. ORICON NEWS 休養のガンバレルーヤよしこ、仕事復帰 TBS『東西ネタ合戦』収録に参加「より一層頑張ります」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです