メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

農薬散布 南部町の茶畑でデモ飛行 農協など、人件費削減や時間短縮に期待 /山梨

水を噴霧しながら茶畑の上を飛ぶドローン=南部町本郷で

 小型無人機「ドローン」を使っての農薬の散布にむけたデモ飛行が4日、南部町の茶畑で行われた。地元のドローンメーカーと農協が協力した取り組みで、デモ飛行を見た茶農家は「作業の人件費や時間が大きく減らせるのでは」と期待していた。【松本光樹】

 ドローンを手掛けたのは身延町寺沢のドローンメーカー「サイトテック」。総重量約70キロ、全長約1・5メートル。1回の飛行で大量の農薬が散布できるようドローンとしては大きな機体を開発した。最大22リットルの液体を積むことができる。実用段階になれば、畑の形や大きさに合わせて自動で操縦することも可能という。

 4日には南部町本郷の約8アールの茶畑で、農薬の代わりに水を使ったデモ飛行が行われた。JAふじかわの…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  5. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです