メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

高橋一清・あの日あの人/94 大岡昇平 「成城だより」で元気取り戻す /島根

 桜の頃になると、大岡昇平さんを訪ねた日を思い出す。昭和49(1974)年4月、小田急線成城学園前駅を降り、1キロほど桜並木の道を北へ向かう。花のトンネルを抜け、右に曲がった所に大岡さんは住んでいた。

 歴史小説をめぐり書いた文章を一册の本にまとめるにあたり、その総集篇「歴史小説の問題」を「文學界」に書いていただく打ち合わせであった。論争好きで怖い作家との思いがあった。しかし、右眼白内障の手術を受け、眼帯をした大岡さんと向かい合うと、ただただ同情し守ってあげたいと思うのだった。

 旬日(じゅんじつ)して、いただいた原稿は、桝目(ますめ)に文字が納まっているのはわずかで、行間や余…

この記事は有料記事です。

残り1053文字(全文1343文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです