メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「備え」は今

熊本地震1年/中 受援計画 実効性欠かせぬ訓練

 「他県への職員の派遣要請で、業務の内容や量の精査が十分でなく過不足が生じた」「応援県から宿泊先の提供や紹介を求められるなど、対応に苦慮した」。熊本県が3月31日に公表した、昨年4月の熊本地震の応急対応に関する検証報告書。事前に外部からの支援受け入れの手順などを定めた「受援計画」を作っていなかった問題点が列挙された。

 知事会などを通じて災害時の連携を確認する協定締結は進んでいるが、実際に支援を受けるための準備が遅れ…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1214文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  3. KYB免震改ざん 原発や観光施設も使用 全国に動揺拡大
  4. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  5. バイク事故 パトカー追跡の高校生死亡 逃走中男かの通報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです