メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なでしこ

主将のDF熊谷が合流 熊本で合宿中

 サッカー女子の日本代表(なでしこジャパン)は、国際親善試合のコスタリカ戦(9日、熊本)に向けた合宿を熊本県大津町で開いている。4日には主将のDF熊谷(フランス・リヨン)がチームに合流し、「自分たちがやりたいことをしたい。守備の確認を含め、より良くしていくためのステップとして戦いたい」と意気込みを述べた。

     熊谷は直前に所属チームの試合があったため、疲労を考慮して別メニューだったが、5日からは実戦練習にも復帰する。今年3月のアルガルベ杯(ポルトガル)では参加12カ国中6位だったが、熊谷は「自分たちのやりたいことを試す機会になった。結果には満足していないが、良いスタートになった」と好感触を得た。

     コスタリカ戦は高倉監督にとって初の国内試合。発生からまもなく1年となる熊本地震の“復興支援マッチ”と銘打たれている。熊谷は「自分たちの試合が元気を与える。そこは選手が意識したい。少しでも力になりたいと思う」と誓った。【生野貴紀】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
    2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
    3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
    4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
    5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです