メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

因伯人

「浦島虎徹」を再現した刀匠 金崎秀寿さん /鳥取

「浦島虎徹」を再現した刀匠の金崎秀寿さん=鳥取市浜坂で、小野まなみ撮影

  ◇刀作り半世紀、奥深く 金崎秀寿さん(72)

 刀を作り続けて50年以上。打った本数は500を超えた。

 鍛冶屋の家系の9代目として生まれた。代々造船用のくぎや包丁、釜などを作っていたが、父義一さん(故人)の代から刀を専門に扱うようになった。父に憧れて小学校の頃から手伝いを始め、中学卒業後は県立鳥取西高の定時制に通いながら本格的に刀鍛冶の世界に入った。

 24歳で刀匠の資格を取り、7、8年たったころ、酒の席で父が言った。「お前はやれる」。一人前と認めら…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです