メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次期監督選考、経験者から意見聴取へ

日本野球協議会の侍ジャパン強化委員会

 プロ・アマ合同による日本野球協議会の侍ジャパン強化委員会は5日、日本代表「侍ジャパン」の次期監督選考などについて話し合い、過去の五輪、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の監督経験者から継続的なチーム強化支援策や次期監督の人選などについて意見を聞くことを決めた。

     委員長を務める日本野球機構の井原敦事務局長によると、面談で意見を求めるのは、五輪では野球が正式競技として実施された1992年バルセロナ大会から2008年北京大会まで、WBCは06年第1回から今年3月の第4回大会までの歴代監督経験者。

     井原委員長は「チームとして今後も継承していくべきことや、全カテゴリーの日本代表を通じた強化支援体制づくりへの考えなどを個別にうかがうことになる。次期監督の決定時期や任期は、いただいた意見を検証した上で固めていく」と説明した。聴取内容と検証結果は、5月に開催予定の同協議会幹事会に報告する方針。【熊田明裕】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 神戸山口組 離脱グループが新組織、「任俠団体山口組」で
    2. 愛媛 サーバルキャット「ユカ」人気 けものフレンズ効果
    3. 暴力団 金も人もなく節約しかねぇ 組事務所「シェア」増加
    4. 山口組分裂1年 元組長「代紋も足かせ メシ食えぬ」
    5. レゴランド 人気も料金も高く…開業1カ月で見えた課題

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]