メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バティがアルゼンチン代表を訪問…半数の選手が挨拶せず「時代が違う」

情報提供:サッカーキング

アルゼンチン代表の控え室を訪問した元同国代表FWバティストゥータ氏 [写真]=Getty Images
 元アルゼンチン代表FWのガブリエル・バティストゥータ氏が、同代表チームの控え室を母国テレビ番組『TyC Sports』の企画で訪問した。

 2018 FIFAワールドカップロシア 南米予選で苦戦を強いられているアルゼンチン代表の奮起を促す目的で実施されたものだったようだが、バティストゥータ氏が控え室を訪れると、選手たちの半分は同氏に挨拶をせず。「僕が控え室を訪ねた時、メンバーの半分は僕にパス(挨拶)をしてくれなかった。敬意を欠いていたというわけじゃないだろう。僕がここにいた時と今は時代が違うし、何も感じなかっただけなんだと思うよ」と、同氏は自身の現役時代と現在の代表チームに違いがあると述べた。

 現在、アルゼンチン代表は2018 FIFAワールドカップロシア 南米予選で、大陸間プレーオフに回る5位となっている。残り試合は5試合で、本大会出場権獲得圏内まで勝ち点差「1」だ。ライバルであるブラジルはすでに本大会出場を決めているだけに、今後の巻き返しに期待がかかる。

【関連記事】
●グループリーグ抽選会まで8ヶ月! 各大陸ワールドカップ予選って今どうなってるの?
●FIFAが2026年W杯で新たな試み…プレーオフトーナメントを導入か
●FIFAが汚職事件の内部調査を完了…1300ページ超えの報告書を捜査当局に提出
●メッシ、5月にバルサとの契約延長にサインへ…期間は5年
●元横浜FMのカイケがツイッターでネイマールを挑発するも“格”の違いを見せつけられる

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
  2. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父
  3. 相模原事件 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否
  4. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
  5. もう二度と 相模原殺傷事件1年 「地域と一緒」願う やまゆり園入所者、家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]