メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀伊フード記

春編/3 タケノコ 食感柔らか、上品な味 /和歌山

色の白さと柔らかな食感が特徴の和歌山市山東地区のタケノコ=阿部弘賢撮影

 春の味覚の代名詞、タケノコ。県内で主要産地の和歌山市山東地区では収穫シーズンを迎えた。市内にあるJAの広見橋集荷場にはその日掘り出されたばかりの新鮮なタケノコが持ち込まれる。

 「粘土質の赤土で育つ山東のタケノコは、色が白く、食感は柔らかで、えぐみも少ない」。山東地区で100年以上続くタケノコ農家の3代目、矢出春良さん(71)は山の約30アールの土地でタケノコを生産する。

 自生しているものを収穫するように思われがちだが、矢出さんは手間ひまをかけて生産している。霜が早く解…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文541文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです