メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 阪神11R・桜花賞 (日曜競馬)

1冠濃厚、ソウルスターリング

 主役は4戦無敗のソウルスターリング。2戦目に力勝負の東京1800メートルのアイビーSを上がり3ハロン33秒9で快勝。続く阪神ジュベナイルFは1000メートル通過58秒8という息の入らない平均ペースを好位で流れに乗り、器用に馬群をさばいて後続を一気に突き放した。時計やレースぶりは近年でも最上位にランクされる。さらに前哨戦のチューリップ賞では持ち時計を大きく短縮しながら33秒8の末脚で完勝。進化を具体的な数字として示した。クッキリと浮き上がったトモの筋肉は出色で、これが発馬のよさに…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文640文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです