メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育・しずおか

親から子へ・ニュースの基本 浜岡原発の現地調査 地下のH断層系、活断層? /静岡

浜岡原発敷地内で調査をする原子力規制委のメンバーら=御前崎市で

科学的データ不足、確認できず

 Q 先月の27、28日、原子力規制委員会が中部電力浜岡原発(御前崎市)の現地調査をしたみたいだね。どんな調査をしたの?

 A 中部電は浜岡原発の再稼働を目指し、3、4号機の安全審査を原子力規制委に申請しています。2011年の福島第1原発事故後にできた新規制基準では、活断層の上に原子炉建屋などは建てられないとされています。浜岡原発の敷地の地下には、9本からなる「H断層系」と呼ばれる断層が通っています。一部が原子炉建屋などの下にあり、このH断層系が活断層があるか調査しました。

 Q 「H断層系」について中部電はどんな主張をしているの?

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文974文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  2. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  3. 皇室 絢子さまが伊勢神宮参拝 母の久子さまと共に
  4. 渡辺復興相 代表務める自民支部に間接補助金の企業が寄付
  5. 立憲民主党 青山衆院議員が離党届 セクハラ被害の告発で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです