メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀伊フード記

春編/4 ヒロメ 肉厚の海藻、広がる磯の香 /和歌山

すし店で春限定で提供される「ヒロメすし」=和歌山県串本町で、神門稔撮影

 春の紀南地方ならではの海藻「ヒロメ」。家庭や料理屋で、みそ汁や酢の物、天ぷら、しゃぶしゃぶなどとして口にされている。

 ワカメより幾分肉厚で、シャキシャキとした歯応えが特徴だ。元々は薄い茶褐色だが、湯に通すと、みずみずしい緑色に変わる。収穫は2月ごろに始まる。養殖物も出回るが、串本町では天然物にこだわる。

 同町観光協会の宇井晋介事務局長(61)によると、ヒロメはサンゴが育つ温かな海や、波が荒い磯は好まず…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです