メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた扉

核兵器禁止条約へ/上 ヒバクシャ、一歩手応え

各国の代表らに折り鶴を手渡し、笑顔を見せる藤森俊希さん(左)=米ニューヨークの国連本部で2017年3月31日、竹内麻子撮影

 眼鏡の奥で目を潤ませ、沈黙が13秒間続いた。3月31日、国連本部(米ニューヨーク)で開かれた第1回核兵器禁止条約交渉会議が閉幕。1歳4カ月の時、広島で被爆した藤森俊希さん(73)=長野県茅野市=は、各国代表らと笑顔で握手し、折り鶴を配った。その後、被爆者としての思いを記者に問われた。「苦しみながら亡くなった方が……」。米軍の原爆投下から72年。鬼籍に入った約47万人(広島・長崎の原爆死没者)の無念、悲しみ、怒りを代弁し始め、言葉に詰まった。

 「地獄を絶対に再現してはならない」。4日前の27日、藤森さんは110を超える各国代表の前で、力を込…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1258文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです