メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀伊フード記

春編/5止 こごみ 繊細でほのかな甘み /和歌山

こごみを添えた煮浸し(左)と白あえ=和歌山県かつらぎ町の「天野和み処Cafe客殿」で、松野和生撮影

 縁日に並んでいた笛のおもちゃ「吹き戻し」を思わせる可愛らしい形の山菜。淡い緑色の芽吹きがこの季節にふさわしい。

 こごみは、シダ植物の一種「クサソテツ」の新芽。大きく育つとこれが葉になる。その名は「屈(こご)み」に由来し、見かけの姿や、かがみ込んで採ることから付けられたとも言われる。

 味わいは淡泊かつ繊細。シャキシャキした歯応えがあり、かむとほのかなぬめりと甘みが出てく…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 芸能 被害女性は新井容疑者を俳優と分からず 熟練セラピストでショックで店辞める(スポニチ)
  3. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  4. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです