メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

米中首脳会談 どう見る

マーティン・ファクラー氏

 米中関係安定への対話の始動か、青写真なき課題の先送りか--。初顔合わせしたトランプ大統領と習近平国家主席。外交・安全保障や経済などでの包括対話の枠組み新設で合意したが、トランプ氏は対北朝鮮での単独行動の用意を伝え、中国に制裁強化などの対処を迫った。トランプ時代の米中と世界はどうなる?

「安全保障」に重点移す米国 マーティン・ファクラー 一般財団法人「日本再建イニシアティブ」主任研究員

 米中首脳会談の成果について、トランプ米政権の高官は、習近平国家主席が訪米したこと自体に加え、首脳同士の個人的な関係を築けたことが両国関係への「最大の贈り物だ」(ロス商務長官)と説明した。トランプ大統領にとっては、各国首脳と個人的な関係を構築することが重要であり、習氏が自分の別荘「マララーゴ」まで来てくれたことが大切だった。

 最近の発言を見る限り、トランプ氏は、大統領選の時のようには中国を敵視しなくなったようだ。歴代米大統…

この記事は有料記事です。

残り4164文字(全文4570文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです