メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

新生活、肩の力抜いて=東京大教授、精神科医 佐々木司

 4月に入り、新生活を迎える人が多いと思う。この時期にメンタル面で注意すべきことの一つは、大人も子どもも新生活への適応、俗に言う「五月病」の予防だ。

 五月病は新生活になじめない場合だけではなく、過剰に適応してしまう場合にも起こる。どちらも4月に頑張りすぎて5月に反動が表れる。連休に入り、それまでの緊張が解けて疲労が一気に出るのが、よくあるパターンだ。疲れ果てて連休中は寝てばかりの生活となり、その結果、リズムが乱れ、学校や会社に出られなかったりする。

 大切なのは、こうなる前の対策だ。まず、4月に疲れをためないこと。この時期は皆、新しい仕事や勉強に張…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文969文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです