メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「おくひだ1号」1日限定復活 10年ぶり

 2006年12月に廃線となった旧神岡鉄道のディーゼル車両「おくひだ1号」(1両)が8日、1日限定で復活を果たし、鉄道ファンらが10年4カ月ぶりの走りを楽しんだ。

     旧神岡鉄道は旧国鉄神岡線を引き継ぎ、第三セクターとして1984年に開業。奥飛騨温泉口(岐阜県飛騨市)-猪谷(富山市)間の19.9キロを走行していたが、沿線の鉱山閉山や利用客の減少に伴い廃線となった。今回の復活は地元NPOと、設備を所有する飛騨市が地域活性化の一環として企画した。

     飛騨市の都竹淳也市長らを乗せた車両は、子ども駅長たちの「出発進行!」の合図とともに、汽笛を鳴らして旧神岡鉱山前駅を出発。約1時間かけて約3キロ先の旧奥飛騨温泉口駅に到着すると、鉄道ファンや地元住民が「おかえりなさい!」と大きな声援で出迎えた。

     午後には抽選で当選した一般客を対象に、旧奥飛騨温泉口-旧神岡大橋駅間(約700メートル)を5往復。計約350人が“復活ラン”を楽しんだ。

     子ども3人と一緒に乗車した飛騨市神岡町のパート従業員、中村理恵さん(36)は「高校時代に列車で富山まで友達と遊びに行った。車内の様子が懐かしかった」と話した。【大竹禎之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
    2. 65歳定年 一時検討 15年に政府、経済界反発で見送り
    3. 欅坂46 握手会で刃物所持 男を逮捕 千葉・幕張メッセ
    4. クローズアップ2017 「人質外交」いらだつ米 学生、解放後死亡 北朝鮮拷問か、怒り渦巻く
    5. スマホ 家計を浸食 ガラケーから移行、データ量増え 格安広がらず、16年過去最高 総務省通信料調査

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]