メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画と歩んで

監督・降旗康男/中 高倉健とともに新境地

映画「追憶」(東宝系)の公開(5月6日)を前に映画人生の歩みを語った降旗康男監督=中村藍撮影

 1960年代、任〓(にんきょう)路線で邦画界を席巻した東映。65年の邦画の配給収入順位を見ると、「網走番外地 北海篇」、「関東果し状」「日本〓客伝 関東篇」など東映の作品が2~6位を独占している。

 降旗も67年に安藤昇を主演に据えた「ギャングの帝王」で本格的なやくざ映画を撮り、69~72年にかけては、高倉健主演の「新網走番外地」シリーズを何本か手掛け、そのほとんどが邦画の配収トップ10を記録するヒットとなった。

 だが、70年代に入ると東映の任〓路線にも陰りが出始める。72年の「新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義」…

この記事は有料記事です。

残り1666文字(全文1924文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです