メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた扉

核兵器禁止条約へ/下 存在感増すNGO 団体の主張、政府並みの扱い

閉幕前、会議の総括と今後の活動についてメキシコ大使(中央の男性)を交えて話し合うICANのメンバーら=米ニューヨークの国連本部で2017年3月31日、竹内麻子撮影

 交渉会議の閉幕を間近に控えた3月31日の昼休み。国連本部の小会議室で、約100カ国のNGOで作る市民団体「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)による総括ミーティングがあった。最初にあいさつしたのは、核兵器禁止条約を推進するアイルランドのノーラン軍縮不拡散局長。「みんなよくやったわ」と切り出すと、50人以上の関係者から大きな拍手が湧いた。

 禁止条約の制定に向けた史上初の交渉会議は、核兵器の使用や開発などの禁止事項についてほぼ合意し、終了…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文837文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです