メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花よりビール・造り手を訪ねて

厚木・サンクトガーレン 亡き父が93年に米で醸造免許 /神奈川

瓶に詰められて出荷を待つ桜餅風味の「サンクトガーレン さくら」=厚木市金田のサンクトガーレンで

香り華やぐ「エール」もっとおいしく

 1993年3月10日、米サンフランシスコの飲食店が、ビールの醸造免許を得た。経営者は日本人。数カ月後、米国の雑誌はこう伝えた。「岩本のビール造りの夢はかなった。ただしそれは日本ではなく、アメリカで」

 クラフトビールメーカー「サンクトガーレン」の岩本伸久社長(54)は、厚木市金田の事務所で当時の雑誌を前に振り返った。記事にある「岩本」とは、父光生さんのことだ。2005年に72歳で亡くなった光生さんは米国でも飲食店を展開、日本とはまったく違うビールと出合い、ほれ込んだ。「こんなおいしいものを知らなかったなんて、人生損していた」。岩本社長も「こんなビールを造りたいと思った」という。

 しかし、当時は地ビールブームにつながる94年の酒税法改正前。最低製造数量は現在の年60キロリットル…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1233文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです