メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

高橋一清・あの日あの人/95 池島信平 合理主義的な編集者 /島根

 大学4年の夏を過ぎてから、私は出版社への就職を考えるようになった。高校生のころから手にしていた文藝誌「文學界」が文藝春秋発行であり、その会社の役員である池島信平さんが著した「雑誌記者」を読んでいたこともあり、恩師の暉峻(てるおか)康隆さんに池島さん宛の紹介状を書いていただいた。

 会ったとき、鋭い目に人を見抜く眼光を感じたが、さっぱりした対応は心地よかった。

 「暉峻さんから伺っている。試験を受けられるようにするから履歴書を受付に届けなさい」

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1259文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです