メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

右傾化する陶磁器の街 欧州総局・矢野純一

 英国中部イングランド地方のストークオントレントは陶磁器の街として知られる。日本でも有名なウェッジウッドなどの窯元があり、多くの外国人観光客が訪れる。

 「この街には別の顔がある」と、陶器販売店で働く女性従業員のモイラさん(38)は話す。窯元直営の販売店前には観光バスが並ぶが、街の中心部は空き店舗が目立つ。かつて栄えた炭鉱や製鉄業は消え去り、陶磁器業だけが残った。失業保険の受給者数は成人人口の6・2%。イングランド地方の平均を大きく上回る。モイ…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 堺・大山古墳 調査、一般200人に報告 奈良・宮内庁担当者 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです