メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

46歳伊達、復帰へ着々 故障との闘い 「自分のキャリア、やり終えたと思えぬ」

エキシビションマッチ前の練習で力強いフォアハンドを繰り出す伊達公子=松山市の愛媛県総合運動公園で2017年4月12日、前本麻有撮影

 女子テニスの元世界ランキング4位で、左膝のけがでコートから遠ざかっていた46歳の伊達公子(エステティックTBC)が、約1年3カ月ぶりの公式戦復帰を目指している。30日開幕のカンガルーカップ国際女子オープン(岐阜市)に参戦を予定。12日には松山市で世界ランキング77位の日比野菜緒(ルルルン)とのエキシビションマッチに臨み、2-6、6-7で敗れたが「またコートに立てたことがうれしい」と充実感をにじませた。

 かつて全米オープン8強、全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドンで4強入りを果たし、1996年に…

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文880文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 世界の雑記帳 ダーツ世界大会、試合敗北の選手が相手の「おなら」のせいと苦情
  5. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです