メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの日取り戻す

/2 少年鑑別所 心の闇、あぶり出し 更生へ面接や心理テスト /香川

高松少年鑑別所の単独室=高松市で、岩崎邦宏撮影

 暗い表情の人、家族のような3人--。こうした絵を少年に見せて、そこから想像できる物語を自分の言葉で自由に語らせる。高松少年鑑別所(高松市)でも使われている対人関係を見る心理テストの一つだ。

 少年鑑別所は全国に52施設(2016年4月)ある。家庭裁判所が観護措置の決定を出した少年の身柄を原則4週間拘束し、面接や心理検査などを通して非行の背景に迫る「鑑別」をする。鑑別は心理学や教育学を学んだ技官が担い、鑑別結果通知書は少年の処分を決める少年審判の参考資料になる。

 鑑別はどのように進められるのか。最も重要なのが期間中に3、4回ある面接だ。それに作文や絵画、心理テ…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文901文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. インタビューシリーズ・温故知新 /上 高木ブー ネタ会議! 全員ギラギラ 音楽で始まり、人の輪も広がった
  3. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  4. アジア大会 バドミントン桃田快勝 男子団体、準々決勝に
  5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです