メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近畿大

研究用原子炉を再稼働 新規制基準で初

近畿大の原子力研究所の原子炉=東大阪市で2017年4月12日、望月亮一撮影

 近畿大は12日、2014年2月から停止していた同大原子力研究所(東大阪市)の原子炉(出力1ワット)を再稼働した。国内にある大学の教育研究用原子炉が動くのは、同年5月までに京都大の原子炉2基が定期点検で停止して以来2年11カ月ぶり。東京電力福島第1原発事故を受けて策定された新規制基準の下で動くのは初めて。停止期間中、原発の運転や廃炉に携わる人材育成に支障が出て…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです