メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

伊達エキシビション「走れた、良しとしよう」

左膝半月板の手術後、初めて実戦形式のエキシビションマッチに臨んだ伊達公子=松山市の愛媛県総合運動公園で2017年4月12日午後6時26分、前本麻有撮影

 女子テニスの元世界ランキング4位で左膝の故障から復帰を目指す伊達公子(エステティックTBC)が12日、松山市の愛媛県総合運動公園で世界ランキング77位の日比野菜緒(ルルルン)とのエキシビションマッチに臨んだ。

 昨年2度の左膝半月板の手術を受けた46歳の伊達は、日比野に2-6、6-7で敗れたが「パワ…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  3. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです