メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

伊達エキシビション「走れた、良しとしよう」

左膝半月板の手術後、初めて実戦形式のエキシビションマッチに臨んだ伊達公子=松山市の愛媛県総合運動公園で2017年4月12日午後6時26分、前本麻有撮影

 女子テニスの元世界ランキング4位で左膝の故障から復帰を目指す伊達公子(エステティックTBC)が12日、松山市の愛媛県総合運動公園で世界ランキング77位の日比野菜緒(ルルルン)とのエキシビションマッチに臨んだ。

 昨年2度の左膝半月板の手術を受けた46歳の伊達は、日比野に2-6、6-7で敗れたが「パワ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです