メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年を語る

交流人口拡充目指す 復興へ長期的な財源支援を 南三陸町・佐藤仁町長(65) /宮城

佐藤仁町長

 町内最後の災害公営住宅(復興住宅)が完成し、仮設で営業してきた南三陸さんさん商店街も移転先の高台で3月にオープンした南三陸町。東日本大震災から6年がたち、まちの復興が着実に進む一方、人口の減少が続くなど課題も残る。佐藤仁町長に今後のまちづくりや目標などについて聞いた。【聞き手・三浦研吾】

 --震災から6年がたちました。

 復興住宅と宅地造成が全て終わり、ようやく復興が目に見える形になってきた。時間はかかったが、やっとこ…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1232文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 山崎製パン「北海道チーズ蒸しケーキ」と「北海道チーズ蒸しケーキmini」を自主回収 金属片混入の恐れ
  4. カルビー 加熱すると…ポテチ出火 販売中止
  5. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです