メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの日取り戻す

/3 少年院 育む、弱者助ける心 介護福祉科で実務訓練 /香川

寝たきりの人に浴衣を着せる練習をする少年=香川県善通寺市の四国少年院で、岩崎邦宏撮影

 今年2月、四国少年院(善通寺市)の一室で少年3人が、寝たきりの人に浴衣を着せる練習をしていた。「今から着替えをします。体調はいかがですか」。少年は寝たきりの人の役をする教官に声を掛けながら、着替えの手順を確認していた。介護福祉科という職業訓練の一コマだ。

 少年院には、家庭裁判所で少年院送致の保護処分となったおおむね12~20歳の少年が入る。全国に52施設(2016年4月)あり、少年を6カ月~2年ほど収容して、生活や学習、職業訓練の指導をする。四国少年院には今月11日現在、33人がいる。

 四国少年院は02年、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格が取れる介護福祉科を始めた。高…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文918文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  2. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  3. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  4. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集
  5. 夏の高校野球 金足農、東北の夢担う 白河越え挑戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです