メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
論点

熊本地震から1年

 熊本地震の発生から14日で1年を迎える。被災地では復興への取り組みが進むが、依然、4万人を超す被災者が仮設住宅などで不自由な暮らしを送る。熊本県の蒲島郁夫知事と、復興方針を話し合う有識者会議の座長を務める五百旗頭真・熊本県立大学理事長に被災地の現状と将来への課題を聞いた。

最大の課題は住まい確保 蒲島郁夫・熊本県知事

 最大の課題は被災者の本格的な住まいをいかに確保していくかだ。仮設住宅を回っていると、被災者の皆さん…

この記事は有料記事です。

残り3710文字(全文3919文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです