メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの日取り戻す

/4 自立援助ホーム 夢・希望、持たせたい 教養や建築技術、手ほどき /香川

建築基礎の座学を受ける少年たち=香川県琴平町の「こんぴら鞘橋荘」で、岩崎邦宏撮影

 「木材と鉄はどちらに強度があると思いますか」。「そりゃ、鉄やろ」。講師の問い掛けに金髪の少年(17)が答えた。昨年11月、琴平町の自立援助ホーム、NPO法人「こんぴら鞘橋荘(さやばしそう)」であった建築基礎の座学。講師を務めた地元工務店の社長が、鉄より折れにくいとされる木材の特徴を説明していた。

 自立援助ホームは、非行や虐待などで家庭に居場所がなくなった原則15~20歳の少年が暮らす場所だ。児童福祉法で位置付けられ、NPO法人や社会福祉法人が運営する。厚生労働省によると、昨年10月現在で全国143カ所にあり、516人(定員934人)が入居している。

 鞘橋荘は昨年4月、廃院した病院を改修して開設された。理事長の白川勝さん(62)は、経営する建設会社…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文905文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パンダ 赤ちゃん誕生、体重少なく保育器に 和歌山
  2. 買春容疑 津市課長を逮捕 制服姿でホテルで発覚
  3. 訃報 ウスペンスキー氏80歳 「チェブラーシカ」原作者
  4. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  5. のん 「この世界の片隅に」新作は「ちょっと大人っぽいすずさん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです