メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの日取り戻す

/4 自立援助ホーム 夢・希望、持たせたい 教養や建築技術、手ほどき /香川

建築基礎の座学を受ける少年たち=香川県琴平町の「こんぴら鞘橋荘」で、岩崎邦宏撮影

 「木材と鉄はどちらに強度があると思いますか」。「そりゃ、鉄やろ」。講師の問い掛けに金髪の少年(17)が答えた。昨年11月、琴平町の自立援助ホーム、NPO法人「こんぴら鞘橋荘(さやばしそう)」であった建築基礎の座学。講師を務めた地元工務店の社長が、鉄より折れにくいとされる木材の特徴を説明していた。

 自立援助ホームは、非行や虐待などで家庭に居場所がなくなった原則15~20歳の少年が暮らす場所だ。児童福祉法で位置付けられ、NPO法人や社会福祉法人が運営する。厚生労働省によると、昨年10月現在で全国143カ所にあり、516人(定員934人)が入居している。

 鞘橋荘は昨年4月、廃院した病院を改修して開設された。理事長の白川勝さん(62)は、経営する建設会社…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文905文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  4. 北陸線事故 死亡・重体は幼い兄弟 ホーム下で遊ぶ
  5. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]