メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの時から

熊本地震復興へ 富田鉄工 “町工場魂”で再建

熊本地震の本震で工場の床に地割れが走り、約20センチの段差が生じた富田鉄工=同社提供.jpg

 工場は大きく傾き、床には何本もの地割れが走り約20センチの段差ができていた。生産ラインの設計・製作を手がける富田鉄工(熊本県嘉島町)は従業員約20人の“町工場”だ。「これでは再建は無理。会社は閉じなければ……」。昨年4月16日の熊本地震本震がもたらした爪痕を前に富田恭司(やすし)社長(52)は立ち尽くした。【石田宗久】

 2日前の前震発生時、工場隣の事務所に残り、設計や見積もりの作業中だった。経験したことのない揺れに驚…

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1295文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです