メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インサイド

熊本地震1年/3 練習グラウンドに仮設住宅 活動の場、自分たちで

仮設住宅が建ち並ぶグラウンドで「一日も早く子供が体を動かせる場所を」と話すFC.BIGWAVEの梶原一泰代表

 毎日のようにボールを蹴る音と子供の笑い声が響いたグラウンドの景色が、昨年4月の熊本地震以降、一変した。熊本県益城(ましき)町の「津森町民グラウンド」。現在は約70戸の仮設住宅が並ぶ「生活の場」だ。このグラウンドを拠点に活動していた少年サッカークラブ「FC・BIGWAVE」の梶原一泰代表(46)は「子供たちとのたくさんの思い出が詰まった場所。1年しかたっていないのに遠い昔のことのよう」と話す。

 チームに在籍するのは幼稚園児から小学6年生までの約80人。2003年に創設し、これまでJリーガー2…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1046文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 福岡 元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
  4. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです