メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国「失敗に対処する必要はない」

ペンス米副大統領=AP

 【ソウル支局】米ホワイトハウス当局者は16日、北朝鮮が同日発射したミサイルについて「ICBM(大陸間弾道弾)ではない。おそらくは中距離ミサイルだ。発射後4~5秒で失敗した」と説明した。今後の対応については「大統領は軍事、外交など幅広い選択肢を持つが、今回の失敗したミサイルに特に対処する必要はない」と述べ、当面は静観する姿勢を示した。ペンス米副大統領のアジア歴訪に同行する記者団に語った。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 世界の雑記帳 米プロテニスの試合中近隣から「喘ぎ声」、選手は集中できず
    2. 妊産婦自殺 10年で63人…東京23区 産後うつ影響か
    3. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
    4. クローズアップ2017 中国国産空母、力を誇示 近く進水
    5. 2017欧州の岐路 仏大統領選、混戦模様 ルペン氏「フランス第一」 マクロン氏は「EU結束」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]