メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

立春、春分など中国由来の二十四節気は…

 立春、春分など中国由来の二十四節気(せっき)は日本から朝鮮半島、ベトナムまで広く伝わっている。昨年末、中国の申請でユネスコの無形文化遺産に登録された。今は清明(せいめい)(4日)から穀雨(こくう)(20日)にかけての時期だ▲穀雨は中国で「谷雨」と表記される。中国の簡体字では穀が同じ発音の谷で代用されている。大漢和辞典に谷は「穀に通ず」とあるから、無理な代用ともいえないが、穀物に恵みの雨が降る季節が「谷雨」では興がそがれる▲1978年にトウ小平(とうしょうへい)氏が来日した時のことだ。当時の福田赳夫首相が中国の漢字の変化が大きくて読めないと指摘すると、トウ氏は「省略が多すぎて私もわからない」と答えた。その後、新たな簡略化は見送られた▲日本の常用漢字にも独自の簡略化や字の代用がある。一方、台湾、香港、韓国では日本で言う旧字体を使う。簡体字と合わせ3種の漢字があるわけだ。統一は難しくても距離を縮められないか▲コンピューターの漢字コードは共通化が進み、簡体字から旧字体への変換などが容易になった。また、日中韓の研究者らはほとんど同じ字体か判別が容易な共用漢字808字を発表している。これを標識などに活用しようという議論もある▲来年の平昌(ピョンチャン)五輪を皮切りに韓日中の順で2年ごとに五輪が開かれる。隣国同士が仲たがいを続けていては世界から笑われる。北朝鮮をめぐる緊張が高まる中、日中韓連携の必要性はむしろ増している。共通の漢字文化をめぐって論議を深めるのも悪くはない。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避
    2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
    3. 三越伊勢丹 2店閉鎖へ 相模原と府中、来年9月末めどに
    4. 事故 声優の平野綾さんが追突 けがなし 東京
    5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです