メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インサイド

熊本地震1年/4 練習拠点の体育館が避難所に 障害者スポーツ、普及に壁

障がい者スポーツ指導員(左)と2人で重いボールを使ってトレーニングする乗松聖

 昨年10月、リオデジャネイロ・パラリンピックの車いすラグビー日本代表の乗松聖矢(27)=熊本県荒尾市在住、SMBC日興証券=は札幌ドームにいた。約1カ月前の大会で、史上初の銅メダルを獲得し、プロ野球・日本シリーズの始球式を務めるためだ。「あの一球で人の考えが変わるわけではない。でも、一人でもいいから興味を持ってもらえれば」。地震とパラリンピックを通じて、その思いは強くなっている。

 2度目の激震が熊本を襲った昨年4月16日。乗松は実家で就寝中だった。幸い被害は無かったものの、練習…

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1085文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです