メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インサイド

熊本地震1年/4 練習拠点の体育館が避難所に 障害者スポーツ、普及に壁

障がい者スポーツ指導員(左)と2人で重いボールを使ってトレーニングする乗松聖

 昨年10月、リオデジャネイロ・パラリンピックの車いすラグビー日本代表の乗松聖矢(27)=熊本県荒尾市在住、SMBC日興証券=は札幌ドームにいた。約1カ月前の大会で、史上初の銅メダルを獲得し、プロ野球・日本シリーズの始球式を務めるためだ。「あの一球で人の考えが変わるわけではない。でも、一人でもいいから興味を持ってもらえれば」。地震とパラリンピックを通じて、その思いは強くなっている。

 2度目の激震が熊本を襲った昨年4月16日。乗松は実家で就寝中だった。幸い被害は無かったものの、練習…

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1085文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです