メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

爪痕に生きる

熊本地震1年/4 山に亀裂、帰れない

 3日連続の雨が降っている。熊本県南阿蘇村の会社員、猿山正弘さん(53)は、心配そうに自宅の裏山を見上げた。熊本地震で数百メートル離れた山肌が大規模に崩れ、3人の命と阿蘇大橋をのみ込んだ。昨年6月の豪雨でも崩落し、無数の亀裂が走ったままだ。「いつ崩れてもおかしくない」

 村は地震直後から猿山さんらが住む立野地区に避難勧告を発令した。阿蘇大橋が崩落したため、地区は村役場がある村中心部から隔絶され、水道復旧の見通しも立たない。昨年10月には全357世帯が被災者生活再建支援法の長期避難世帯に認定された。

 菊陽町に避難した猿山さんは毎週末、みなし仮設のアパートから片付けのために自宅に帰る。放置し続けた室…

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1107文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです