メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

爪痕に生きる

熊本地震1年/4 長期避難世帯 帰りたいのに

自宅前に立つ猿山さん。背後の山が土砂崩れを起こす危険があるため立野地区は地域全体での避難が続く=熊本県南阿蘇村で2017年4月8日、徳野仁子撮影.jpg

 3日連続の雨が降っている。熊本県南阿蘇村の会社員、猿山正弘さん(53)は、心配そうに自宅の裏山を見上げた。熊本地震で数百メートル離れた山肌が大規模に崩れ、3人の命と阿蘇大橋をのみ込んだ。昨年6月の豪雨でも崩落し、無数の亀裂が走ったままだ。「いつ崩れてもおかしくない」

 村は地震直後から猿山さんらが住む立野地区に避難勧告を発令した。阿蘇大橋が崩落したため、地区は村役場がある村中心部から隔絶され、水道復旧の見通しも立たない。昨年10月には全357世帯が被災者生活再建支援法の長期避難世帯に認定された。

 菊陽町に避難した猿山さんは毎週末、みなし仮設のアパートから片付けのために自宅に帰る。放置し続けた室…

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1109文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  5. 「もはや詐欺的だ」語気強めるオーナー レオパレス問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです