メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

冷静にレースをしたアルアイン 皐月賞

 69年ぶりの牝馬優勝に期待が集まったファンディーナを前に見ながら、冷静にレースをしたアルアイン。最後の直線で、同じ池江厩舎(きゅうしゃ)の僚馬ペルシアンナイトを差し切り、27歳で皐月賞初騎乗の松山騎手にG1初制覇をもたらした。

 「ゲート入り前に少々入れ込んでいた以外は落ち着いていた」と松山は振り返る。好スタートで3番手につけ、道中はファンディーナを目標に、流れに乗れた。

 直線を向くと、ペルシアンナイトが内から先に抜け出した。G1に強いデムーロ騎乗だが「俺の馬だって強い…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文531文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです