メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

線路はつづくよ/秋田

東北の春 北秋田市 JR奥羽線・糠沢駅 大太鼓かたどる駅舎 地元の「世界一」そのまま /秋田

大太鼓をモチーフにしたJR糠沢駅の駅舎=北秋田市綴子で

 見渡す限りの田園地帯に、ゆったりと流れる米代川。そんな北秋田市綴子(つづれこ)地区に、ひときわ目立つ駅舎がある。大太鼓をかたどったJR奥羽線・糠沢(ぬかざわ)駅だ。大太鼓は直径3・9メートル、幅3・7メートルで、その隣には長さ約4メートルもの黒っぽい2本の“バチ”もそびえ立つ。なんともユニークな外観だ。

 この「大太鼓駅舎」にはモデルがある。地区にある綴子神社で毎年7月に行われる例大祭。700年以上続く…

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1316文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです