メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インサイド

熊本地震1年/5止 ホームのため歩むロアッソ 「復興マッチ」の情熱、肌に

選手の練習を見守るロアッソ熊本の北嶋秀朗コーチ(左)=徳野仁子撮影

 熊本地震で2度目の震度7を記録した「本震」から1年がたった16日。J2・ロアッソ熊本の本拠地・えがお健康スタジアム(熊本市東区)のスタンドはチームカラーの赤で染まった。「復興支援マッチ」と銘打たれた松本戦。地震後、スタンドが初めて全面開放され、1万3990人ものサポーターが詰めかけた。地震をきっかけに熊本に戻ってきた北嶋秀朗コーチ(38)は「熊本がこの日にかける情熱を肌で感じた」と目頭を熱くした。

 地震が起きた昨年4月、北嶋コーチは広島のホテルにいた。その年の1月に3年半在籍した熊本を離れ、新潟…

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1048文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです